新型コロナウイルス等に対する[次亜塩素酸水]等による院内感染予防対策
新型肺炎コロナウイルス殺菌消毒ペリオトリート次亜塩素酸電解水

新型コロナウイルス等に対する院内感染予防対策として、院内で使用する全ての水を、新型コロナウイルスに対する除菌洗浄効果がある可能性が高い次亜塩素酸水を循環させるシステムで医院全体を常時除菌しています。

また、同じく次亜塩素酸水ペリオトリートを院内に噴霧する事によって、空気中のウイルスなどの除菌洗浄を行うなど、様々な感染予防対策を行っています。

新型コロナウイルスに対するペリオトリートの有効性 新型コロナウイルスに対するペリオトリートの有効性詳細

マスコミ等で報道されている歯科医院でのPCR検査(コロナの検査)については、一般の患者様、ならびに当院の歯科医師等の医療スタッフの感染防止と安全性の観点から、当院ではPCR検査は実施しない方針です。

次亜塩素酸水ペリオトリートの噴霧による空気中のウイルス除菌洗浄

新型コロナウイルス院内感染予防対策次亜塩素酸水ペリオトリート噴霧
*次亜塩素酸水対応の特別な噴霧器を使用していますので、ご家庭で噴霧を行う場合には、加湿器ではなく霧吹きなどをご使用ください。

新型コロナウイルスに対するペリオトリートの有効性 新型コロナウイルスに対するペリオトリートの有効性詳細

次亜塩素酸水噴霧による感染予防についての論文 新型コロナウイルス院内感染予防歯科医院次亜塩素酸水噴霧詳細

次亜塩素酸水ペリオトリートによる患者様の洗口(うがい)

新型コロナウイルス院内感染予防対策うがい

【抗菌作用のある洗口液を用いた術前洗口が歯科における院内飛沫感染を減少させる可能性が高い】という内容の海外の研究論文に基づき、受診されたすべての患者様に、次亜塩素酸水ペリオトリートによる洗口(うがい)を実施しています。

歯科医院内飛沫感染予防についての海外論文 新型コロナウイルス院内感染予防歯科医院飛沫感染予防詳細

院内で循環している全ての水が除菌力のある次亜塩素酸水

新型コロナウイルス院内感染予防対策次亜塩素酸水

治療時に使う歯科ドリル(タービン)、歯石除去の時に使うスケーラーと呼ばれる器具等、治療機器から出てくるすべての水、患者さんがうがいをする水、手洗いの水、器具の洗浄をする水など、院内に循環している全ての水をウイルス等の殺菌力がある次亜塩素酸水にしています。

院内使用水の次亜塩素酸水殺菌システム 新型コロナウイルス院内感染予防対策次亜塩素酸水詳細

院内飛沫感染が起きにくい歯を削らないMI治療

新型コロナウイルス院内感染予防歯を削らない治療

歯科医院でのウイルス等の院内飛沫感染リスクは、タービンと呼ばれる歯科ドリル等による歯を削る治療の際に、最も高くなります。

そのため、歯をできるだけ削らないMI治療であれば、院内飛沫感染リスクを低くできる可能性が高くなります。

また、歯科ドリル(タービン)を最小限で使用する場合においても、前記したとおり、ドリルの先から出てくる水を除菌力の高い次亜塩素酸水にする事によって、院内飛沫感染リスクをさらに低くする事が可能です。

歯を削らない歯科治療 新型コロナウイルス院内感染予防歯科医院飛沫感染予防歯を削らない治療詳細

新型コロナウイルス院内感染防止用問診票

新型コロナウイルス院内感染予防対策問診票

新型コロナウイルスの院内感染を防止するため、通常の問診票に加えて、全ての患者様に新型コロナウイルス感染防止用問診票の記入を実施しています。

新型コロナ感染防止用受診当日問診票 新型コロナウイルス院内感染予防問診票詳細

ジョンズ・ホプキンズ大学による新型コロナウイルス対応認定

新型コロナウイルス感染防止ジョンズ・ホプキンズ大学
新型コロナウイルス感染防止認定証

新型コロナウイルス感染症の正確な知識と正しい対応策を把握して、院内感染をできる限り防止するため、新型コロナウイルス感染症の権威として知られる、米国のジョンズ・ホプキンズ大学が行っている新型コロナウイルス感染症に関する講習を受講し、同大学の認定証を取得しています。

広い待合室と完全個室により【3密】を避ける医院環境

新型コロナウイルスの感染予防対策として、他人との物理的な距離を開けたり、密閉空間に身を置かないなどの、いわゆる【3密】(密集、密閉、密接)を避ける事が提唱されているのはご存じの事と思いますが、当院は、通常の歯科医院よりも待合室や治療室の空間が広いため【3密】を十分に避ける事が可能な医院環境です。

新型コロナウイルス院内感染予防受付

また、診療室は完全個室タイプで、診療室内での他の患者様との接触がほぼありませんので、院内感染リスクを低くする事が可能です。

新型コロナウイルス院内感染予防治療室

さらに、待合室、診療室ともに、天井高が4メートルと通常の歯科医院の1.5倍の高さがあるため、密閉感もありません。

新型コロナウイルス院内感染予防診察室

受付には、アクリルボードを設置して、受付時の感染予防対策を行っています。

新型コロナウイルス院内感染予防受付ボード

診療室の日々の換気

通常は閉めている診療室内の扉を、診療時間の合間に開放して、換気を行っています。

新型コロナウイルス院内感染予防換気

強力な医療機関用空気清浄装置による空気の浄化
院内感染予防医療機関用空気清浄装置

一般の空気清浄機の7倍の能力で、歯科医院内で発生するほぼすべての汚染物質を速やかに取り去り、理想的な環境を作って、院内感染を防ぐ医療機関用空気清浄装置を導入しています。

医療機関用空気清浄装置 天野歯科医院霞が関医療機関用空気清浄装置詳細

口腔外バキュームによる治療中の粉塵・飛沫防止対策
口腔外バキューム

診療中に発生する粉塵や飛沫をより高いレベルで吸い取る口腔外バキュームを導入しています。

口腔外バキューム 天野歯科医院霞が関口腔外バキューム詳細

院内使用水の次亜塩素酸水殺菌システム
院内感染予防歯科医院うがい水殺菌

前記したように、細菌で汚染されやすい治療椅子から出てくる水、患者さんがうがいをする水、手洗いの水、器具の洗浄をする水など、院内すべての水を高い殺菌力と人体への安全性を併せ持つ次亜塩素酸水(殺菌水)にするシステムにより、院内感染予防をし、歯科医院内のすべての配水管内の細菌の繁殖を抑え、治療環境を衛生的に保っています。

院内感染予防歯科医院治療水

治療時に使う歯科ドリル(タービン)やスケーラーから出てくる全ての水も、次亜塩素酸水(殺菌水)なので、院内の飛沫感染の予防になると共に、お口の中を連続して殺菌しながらの治療が可能になり、治療効果をより向上させています。

院内使用水の次亜塩素酸水殺菌システム 天野歯科医院霞が関院内すべての水殺菌詳細

使い捨て(ディスポーザブル)治療器具の使用

診察や治療では、治療器具を載せるトレーと呼ばれる入れ物を、全員の患者さんに毎回新品の使い捨て(ディスポーザブル)のトレーを使用することにより、高い衛生状態を保つようにしています。

また、ご希望の方には、診査や治療に使う歯科用ミラーと呼ばれる小さな鏡、先の尖った探針(たんしん)とよばれる診査器具、ピンセットなどの診察器具も有料で毎回新品の使い捨て(ディスポーザブル)の診察器具を使用しています。

使い捨て(ディスポーザブル)の診察器具 天野歯科医院霞が関使い捨て(ディスポーザブル)診察器具詳細

使用器具の最高レベル(クラスB)での滅菌
より衛生的な歯科ドリル殺菌消毒機器

タービン(ハンドピース)と呼ばれる歯を削るドリル(ハンドピース)などの使用機器については、患者さん毎に歯科ドリルを完全に滅菌消毒できるドイツ製の滅菌機器(クラスB)などによって、滅菌消毒したドリルを使用しています。

歯科ドリル滅菌機器『メラクイック』 天野歯科医院霞が関歯科ドリル滅菌消毒詳細

より衛生的な自分専用の歯科ドリルの使用

歯科ドリルについては、毎回自分専用の新品ドリルの使用、または、ドリル先端の歯を削るバーと呼ばれる付け替え部分を、毎回新品のバーにする『マイドリルシステム』を、ご希望の方を対象に有料で行っています。

自分専用の新品ドリル『マイドリルシステム』 天野歯科医院霞が関自分専用新品ドリルとバー詳細

テレビ朝日で当院の歯科ドリルの滅菌方法が紹介 天野歯科医院霞が関テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー番組詳細

歯科口腔ケアが新型コロナウイルスの感染と重症化を予防
新型コロナウイルス院内感染予防ウイルス写真

口腔ケアが新型コロナウイルスの感染と重症化を予防する可能性が高い事から、歯科医院やご自宅での口腔ケアで、口の中を歯周病や虫歯のない健康な状態に保つ事によって、新型コロナウイルスの感染リスクを低くするだけではなく、新型コロナウイルスに感染した場合でも、重症化を抑えられる可能性が高くなります。

新型コロナウイルス感染と重症化予防の口腔ケア 新型コロナウイルス院内感染予防口腔ケア歯科オーラルケア詳細

ドクター天野へのご相談はこちらへ 院内感染予防相談

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約